• CONTENTS MENU
  • DOWN LOAD

     

    サイト内のページが閲覧できない場合は、プラグインが必要となります。上記のバナーよりプラグインをダウンロード(無料)してください。

     

トップページ園芸施設共済

  1

加入基準

 
   

 加入を希望される農家の方が所有または管理する被覆期間中のハウスすべてについて加入いただくことになります。

共済目的
ハウス
(特定園芸施設)
ガラス室、パイプハウス、鉄骨ハウス及び雨よけハウスなどがあります。
附帯施設 暖房施設、換気施設、かん水施設などがあります。
施設内農作物 ハウス内で栽培されている野菜、花きなどがあります。
復旧費用 ハウス本体(被覆材を除く)と附帯施設が補償の対象になります。
撤去費用 ハウス本体(被覆材を除く)が補償の対象となります。
(撤去作業を業者等に依頼し、かかった費用が対象となります。)
施設内農作物
葉菜類(ホウレンソウ、とう菜等)
果菜類(イチゴ、トマト、キュウリ等)
花き類(ユリ、バラ等)

1 加入

  2

加入できる組み合わせ

 
   

 加入を希望される農家の方が所有または管理するすべてのハウスについて加入いただくことになります。

組み合わせ1 ハウス+附帯施設+施設内農作物
組み合わせ2 ハウス+附帯施設
組み合わせ3 ハウス+施設内農作物
組み合わせ4 ハウス

 以上の組み合わせの中から、加入いただくことになります。したがって、附帯施設のみ、施設内農作物のみの加入はできません。

施設内農作物では、病虫害事故を対象外とする加入方法もあります。
加入時の申込みにより、共済事故による損害でのハウス本体(被覆材を除く)と附帯施設の復旧費用及びハウス本体(被覆材を除く)の撤去費用も補償対象とすることができます。
  3

共済責任期間

 
   

 農家のみなさんから共済掛金が払い込まれた日の翌日から1年間となります。
 なお、ハウスの被覆期間が周年でない場合は、2か月以上1年未満の責任期間とすることができます。

  4

共済金額(補償額)

 
   

 ハウス等の共済金額(補償額)は加入の組み合わせの共済価額の合計に60%〜80%の間で選択した割合により補償されます。
 なお、共済価額(時価額)は、ハウスの区分・構造及び経過年数や農作物の種類(葉菜類、果菜類、花き類)によって算出されます。

  5

共済掛金

 
   

 共済金をお支払いする財源として、農家のみなさんから共済掛金をお支払いいただくことになります。また、国も共済掛金の50%を負担しています。

共済責任期間が1年未満の場合は、月割計算となります。
復旧費用を付けた場合は、復旧費用にかかる共済掛金の全額を農家のみなさんからお支払いいただきます。
  6

共済事故(共済金をお支払いできる事故)

 
   

 風水害、ひょう害、雪害、その他気象上の原因(地震・噴火を含む。)による自然災害、病虫害、鳥獣害、火災、破裂、爆発、航空機の墜落等、車両等の衝突及び接触。  

農作物の生理障害、附帯施設の上記事故以外の故障は対象となりません。
  7

共済金のお支払い

 
   

 1棟ごとに損害額が3万円(または時価額の10分の1に相当する金額)を超える場合に、共済金が支払われます。

このページのトップへ戻る