• CONTENTS MENU
  • DOWN LOAD

     

    サイト内のページが閲覧できない場合は、プラグインが必要となります。上記のバナーよりプラグインをダウンロード(無料)してください。

     

トップページ用語集

主な農業共済用語

1

基準収穫量

 その年の天候などを平年並みとして、肥培管理なども普通並みに行われたものとして、通常期待し得る収穫量、つまり平年収量をいいます。被害が全くなかった場合や、過去において一番よく収穫された収量をいうのではありません。

2

標準収穫量

 果樹共済のみにある用語で、その年の天候などを平年並みとして、肥培管理なども普通並みに行われたものとして、通常期待し得る収穫量、つまり平年収量をいいます。引受時に共済掛金計算などに用います。

3

共済金額

 共済で補償している支払いの最高限度額です。

4

共済掛金

 共済金支払いの準備財産を形成するために、組合員が組合に納入します。
なお、共済掛金は、国が約半分を負担します。(建物共済、農機具共済を除く)

5

共済関係

 農家と組合等との間に結ばれる共済に関する権利義務の関係をいいます。共済関係の成立により農家は、一定の約束で共済金の支払いを受ける権利を持つ一方、共済掛金の払い込み、通常の肥培管理、損害通知、異動通知を行う義務を負うことになります。
 この関係は自動的に成立するものと、農家の申し込みによって成立するものとがあります。自動的に成立するものは農作物共済で、一定の規模以上の農家です。

6

共済目的

 共済に付せられる目的物、損害が発生したときに共済金支払いの対象となる物件です。

7

共済責任期間

 共済の対象物(共済目的)に共済事故が発生し、一定の損害があったとき、共済によって補償される期間です。

8

共済事故

 組合が共済金支払いの義務を負うこととなる事故です。
保険の形で行われるので、共済事故となるものは、その発生が予期できず、また、これを避けることが困難なものであることが必要です。

9

共済価額

 共済事故発生に際し、組合員が被ることのあるべき損害の最高限度額を示した価額です。共済事業を行う立場から、共済に付せられるものの価値を、時価額等を基礎に表現した金額です。

10

共済金

 共済に付したものが、共済責任期間内に発生した共済事故により損害を受けたとき、これを補てんする目的で農家に支払われるお金です。

11

共済減収量

 共済金支払いの対象となる減収量のことで、引受収量から実収量を差し引くと共済減収量が求められます。

12

付保割合

 一般に損害保険において、ある保険目的につき、そのものの保険価額に対し、実際に保険に付している保険金額の割合をいいます。
 組合員等はあらかじめ定められた付保割合の範囲内で共済金額を選択することとなります。 付保割合が高いほど補償は大きくなります。

このページのトップへ戻る